5分で敵AI? Shooter AI ~ OculusRiftホラーを作る その4 #アセットアドカレ 15本目

 

 この記事は Unity Assets Advent Calendar 2014 15日目の記事になります。

OculusRiftコンテンツ和製ホラー「学校の怪談(仮)」作成15日目は、オバケのAIを組み込んでいきます。

1日目 「放課後の校舎を歩く Japanese School Corridor Set 」
2日目 「カメラエフェクトの決定版 Camera Filter Pack 」
3日目 「いろんなシチュエーションで使える!高品質なゾンビモデル集 Mixamo Zombie Character Contest Pack」

スクリーンショット_121514_083338_PM

Shooter AI – The AI solution for ANY combat situation by Gateway Games http://u3d.as/5QM
バージョン: 2.1 (Dec 05, 2014)サイズ: 491.0 MB
パブリッシャーサイト

環境

Unity 5.0 beta 17
Oculus SDK Unity 4 Integration 0.4.4 beta

概要

Ragdollが設定されたキャラクターに対して、半自動でAIをもつキャラクターへ変換することができます。

使用方法

1. Ragdollの初期設定

 ヒエラルキーでキャラクターを選択して[GameObject]→[3D Object]→[Ragdoll]から下の絵のように設定してCreate

スクリーンショット_121514_094107_PM

2. ShooterAIの初期設定

Name of new AIが変換後のキャラクターのゲームオブジェクト名
Ragdollを設定した変換元を設定してCreate AI

変換元がDisable状態になって変換後のキャラクターのゲームオブジェクトが生成される。

無題クリップ_121514_094629_PM

無題クリップ_121514_094744_PM
無題クリップ_121514_094837_PM

3. NavMeshの設定

床の青い部分がキャラクターの移動範囲。途切れないようにAgent Radiusなどを調整して都度都度Bake

無題クリップ_121514_095635_PM

完せ、ひー!!

スクリーンショット_121514_095125_PM