【祝!無料化】VRコンテンツ開発者向けのUnreal Engine4をソースからビルドして使う #UE4

はじめに

Unreal Engine4が月額無料になりました!

Screenshot of www.unrealengine.com

IF YOU LOVE SOMETHING, SET IT FREE 〜UE4無料化

またロイヤリティが発生する課金対象の条件も緩和され、 四半期ごとの売上が$3000超える場合のみ5%(ゲームのみ対象)
(今の1ドル120円の為替レートで、3か月間の売り上げが36万円オーバーの場合に1.8万の請求が発生)

体験型コンテンツやパノラマなどの映像コンテンツ、アンリアルの表現力が生かされる建築関係での利用は無料

Screenshot of www.unrealengine.com

法的事項および EULA に関する FAQ

VR向けのUnreal Engineをインストール

Unreal Engine4は旧Unityと異なり(本日のUnity Special EventでUnityもOculusRift対応の部分をUnityに統合すると発表を受け表現変更)、エンジン側にプラグインとしてOculusRiftへ対応するための機能が既に組み込まれています。

余談 UnrealEngine上でOculusの動作確認方法
→ Unreal Engine 4.7以降追加されたVR Previewの起動方法
無題クリップ_030415_122621_AM

通常通りのインストール手順であるエピックゲームランチャーからUnreal Engine4.7をインストールしてもOculusRift向けの機能が含まれるのでなんの不自由もありません。

しかしVRでの利用を考えている場合は、OculusSDKの修正がいち早く反映されるOculusVRのリポジトリがおすすめなので、自分でOculusVRのリポジトリからUnreal Engine4のソースを落としてきてVisualStudioでビルドしてみましょう。

Visual Studioをインストール

Visual Studio Community 2013 Update 4を入れます。

C++のみでOKなはず。

Screenshot of www.visualstudio.com

Visual Studio のダウンロード

PCの要求スペック

CPUやGPU、メモリなど

CPUやGPUはなるべくはやいの、メモリは16GBくらい
動作が不安定に感じたら足りてない。足りている場合は超ド安定。まず落ちない。フリーズしない。
が、IME周りで問題があるそうでブループリント上で操作していると重くなる場合はOS標準のIMEへ切り替えを。

使用する容量

だいたいコミコミ500GBあればゆとりをもってやっていける。

内訳としては、
OculusVRのUnreal Engine 4.7リポジトリ、プロジェクト一式 が25GB
Visual Studio 2013 C++のみ? → 多分5GBあれば足りる
※自分の環境には別のエディションがすでに入っているため不明
UEのサンプルプロジェクト用に100GBほど、残りは自分用

また参考として、エピックゲームズランチャーから落としたUnrealEngine 4.7は12GB

 UnrealEngineのユーザー登録

Screenshot of historia.co.jp

[UE4] フリー版UnrealEngine4の導入手順 | historia Inc – 株式会社ヒストリア

仕事が早いヒストリアさんの記事が大変参考になります。

ユーザー登録までやりましょう。

Githubにアカウント作成してUnrealEngineに登録したユーザー情報に紐づけ

Screenshot of www.unrealengine.com

GITHUB 経由でアンリアル・エンジン 4 C++ ソースコードにアクセスする方法

まずはこちらを参考に、1のGithubアカウントを作成と、2の紐づけを行います。

OculusVRのリポジトリからUnrealEngineのソースコードを入手

プライベート設定のリポジトリなので、前の手順で紐づけが完了していないとみることができません。

https://github.com/Oculus-VR/UnrealEngine/tree/4.7-np

まずはReadmeを参考にローカルにcloneします。
超デカいのでshallow cloneとかのがいいかも

通信環境によりけりではあるけどThinkpad8で1時間ほど。MacProは3分

セットアップ用のバッチを実行する×2

エンジンのバイナリコード2.5GBをダウンロードしたりするものと、エンジンのプロジェクトファイルを生成する2種類をreadmeの指示通り実行。

前者の2.5GBダウンロードするバッチは通信環境によりけりだけどThinkpad8で1時間くらいかかった。

バッチで生成されたソリューションファイルをVisual Studioで開く

ルートディレクトリにslnファイルができるのでダブルクリック。

初回はいろいろな読み込みが走るのでマシンによってはそこそこ時間がかかる。Thinkpad8で2時間ほど。

Development、Win64でターゲットはUE4を選んでビルドする

Readme参照。

普通は10から40分。Thinkpad8で2時間ほど。

無題クリップ_030415_043228_AM

 

ソリューションエクスプローラーでUE4右クリックして表示されるコンテキストメニューから「ビルド」を選ぶ

完成

UnrealEngine\Engine\Binaries\Win64\UE4Editor.exe

無題クリップ_030415_043433_AM

 

その他

更新する方法

リポジトリから更新を落としてきて、Visual Studioで再ビルド

#出会い系UE4

どなたでもお気軽に!

エピックゲームズランチャーのラーニングに沿ってやってみて、わからないことはTwitterかalweiさんのブログをググろう!

スクリーンショット_030415_044112_AM